あなたの体質は・・・

瘀血(おけつ)タイプ

瘀血(おけつ)とは、漢方医学において血の流れが滞って、血液が固まりやすくなる状態を指します。
症状は個人差がありますが、以下に一般的なものを10個挙げます。

  1. 青紫色の瘀斑・あざ
  2. 硬くて痛いしこり
  3. 慢性的な痛み
  4. 皮膚の色が暗くなる
  5. 不規則な月経や月経困難症
  6. 血行不良による冷え
  7. 皮下出血
  8. 炎症の長期化
  9. 血行が悪いことによる疲労感
  10. 傷や捻挫の治りが遅い

これらの症状がある場合、瘀血を改善する漢方薬の服用が効果的であることがあります。

症状

アザ・しみや目の下のくま・ニキビ・しこりができやすい

「血」の巡りが悪くて滞り 、体に栄養素が巡らない状態。巡りが悪いことから、
皮膚のトラブル(しみ、くま、ニキビ、肌あれなど)として現れます。
また、血行が滞った場所が痛む ことから、肩こりや関節痛、頭痛などもまねきやすい傾向があります。

瘀血(おけつ)の人がなりやすい症状

血行を良くするための生活見直しから!

適度な運動やストレッチを毎日の習慣にしましょう。デスクワークの人は、同じ姿勢を長時間続けないように、
適度に休憩を入れて、軽く体操&目を休めましょう。そして、できれば軽い運動で血行を良くし、
一日の終わりには、シャワーではなく、湯船にゆっくりつかって体を温めます。
たまには温泉に行って、広い湯船でリラックスするのもよいでしょう。

LINE公式アカウント:自宅から気軽にいつでも簡単に!LINEで身体のお悩み・漢方相談しませんか?

養生法

瘀血(おけつ)は、漢方医学で血液の循環が滞っている状態を指します。
瘀血の養生法は、生活習慣や食事、運動などを通して血液の循環を改善し、
全体的な健康状態以下に瘀血の養生法を10個挙げます。

1. 適度な運動
ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽い運動で血行を促進し、血液の循環を改善しましょう。
2. 良い睡眠習慣
睡眠不足は血行に起因するため、質の良い睡眠を整えましょう。
3. バランスの良い食事
新鮮で栄養価の高い食材を使ったバランスの良い食事心掛けましょう。
4. 水分補給
適度な水分補給で、血液の循環をスムーズにしましょう。
5. 温かい飲み物や食事
温かい飲み物や食事で身体を温め、血行を促進しましょう。
6. マッサージやアロマテラピー
血行を促進し、血液の循環を改善するためにマッサージやアロマテラピーを行います。
7. ストレス軽減
ストレスは血行に言い訳を与えるため、リラクセーションについて述べよう。
8. 趣味やリラクセーション
心身をリフレッシュする趣味やリラクゼーションを楽しむことで、瘀血の症状を緩和しましょう。
9. 禁煙・節酒
喫煙や少量の飲酒は血液循環に与えるため、避けましょう。
10. 定期的な健康診断
血液循環に関連する問題を早期に発見し、適切な対処ができるよう定期的な健康診断を受ける

これらの養生法を取り入れることで、瘀血の症状を緩和し、健康状態を向上させることが期待できます。

瘀血の人へ提案する日常イメージ

新陳代謝を良くする食材

「血」の流れを促して、新陳代謝を良くするには、体を温めるウナギ、羊肉などの
食材がおすすめです。また、タマネギ、ニラなどの香りのある野菜、青魚などは、
停滞している「血」を動かすとされています。香辛料を加えるのも効果的です。

漢方体質診断TOPに戻る