症例・患者様の声

48歳女性/動悸、不眠、だるさの症例

48歳女性
3~4年前から、時々激しい動悸がある。
動悸がして眠れないことがある。
全身のだるさ。

市販の漢方薬を少し飲んでみましたが、かえって不調になった気がするので、すぐにやめたそうです。

2020年5月13日
オンライン漢方相談の結果、自律神経を調える漢方薬を一種類、お出ししました。

2020年7月2日 漢方薬服用1ヵ月
「自分でもなんとなく効果があるのかな?と感じています。
まず、眠るときに時々あった、動悸が激しくなることがなくなりました。
コロナの影響もあって、あまり出歩いていない影響もあるかとは思うのですが、体力的な疲れがないのか、朝の目覚めが少し楽な気もします。」
とのことでした。

2020年7月28日 漢方薬服用2ヵ月
動悸も落ち着き、不眠やだるさも軽減されたとのことで、適量診を行い、半分量に減薬を開始しました。

2020年9月4日 漢方薬服用3ヵ月
症状も出なくなり、良い状態が続いているとのことです。
適量診を行い、半分量は継続で、一日3回服用を朝夕の2回に変更しました。

2020年10月4日 漢方薬服用4ヵ月
体調も問題ないとのことで、ご本人の希望で服用終了となりました。

患者様のコメント

「漢方」というと葛根湯くらいの知識しかなく、自己判断で市販の漢方薬を薬局で購入して飲んでいました。
その漢方薬が、自分の症状に全然合っていなくて、的外れだったことがわかって、驚きとともに嬉しくもありました。
やはりきちんと知識をお持ちの先生に判断して処方していただけて良かったと思います。

動悸や眠れないなどの症状について、しっかり自分で「最近は症状がない」と実感したのはお薬を処方していただいて1か月半くらいだったと思います。
お薬を飲み始めたころは半信半疑でしたし、お守り程度に考えていた部分も正直あったのですが、自分の体に処方していただいたお薬が合っていたのだな、と改めて思っています。

漢方家からひと言

今回お出しした漢方薬は、以前の飲まれていた市販の漢方薬とは中身の生薬が違い、働きが違うものでした。それによって、不調をを感じられたのでしょう。
効果・効能が合っていたとしても、本当にその人の身体に合っているかを見極めるのは、難しいと思います。
今回のように、自己判断せずに専門家にご相談して頂けたら、症状の改善も早く感じて頂けると思います。

一覧に戻る