症例・患者様の声

34歳女性/胃部不快感(胃痛、お腹の張り、逆流性食道炎)

34歳女性
2年前より、ストレスを感じると胃痛やお腹の張りを感じるようになり、ピロリ菌除去後に、さらに症状が悪化し、逆流性食道炎も出てきた。病院でお薬も服用しているが、効果がみられないために、漢方薬でどうにか改善できないかとご相談頂きました。

初回の漢方相談をさせて頂きました。
漢方相談の結果、『胃腸の調子を整える漢方薬』を30日分お出ししました。

漢方薬服用(2週間後)
「胃痛が前より減ったような気がします。じわじわと効果が出ているような感じです。」
とのことでした。

漢方薬服用(1ヶ月後)
「完全にではないですが、胃痛の頻度が減った気がします。」
とのことです。

漢方薬服用(2ヶ月後)
「お陰様で胃の痛みの回数が減りました。まだ、疲れがたまった時やストレスを感じたりすると、たまに痛みを感じますが、本当にかなり頻度が減りました。」
とのことです。

経過が良いので、患者さんのご希望で服薬をストップし、様子をみることになりました。

患者様のコメント

最初漢方薬がモサモサして、飲みにくいと感じましたが、じわじわ効果が出ているような感じがありました。
胃痛で苦しい頻度が本当に減りました。
ありがとうございます。

漢方家からひと言

胃部不快感を訴える患者さんは多く、皆さん症状に困られています。
病院からのお薬で思ったほどの改善がみられない場合は、漢方薬を試してみる価値があるかもしれません。
今回の漢方薬は散剤という生薬を粉砕した種類で、飲みにくい部類に入る漢方薬ですが、不思議と自分の体質に合っているとすんなり飲めたりします。
身体はとても素直で、自分が楽になる薬は分かっているのでしょうね。

※症状や効果効能は個人差がありますので、同等の効果を保証するものではありません。

一覧に戻る